Skip to content

辟易。

 切実にLaTeX機能付きのPowerPointが欲しい。後、オブジェクトとかIllustrator並の精密さで処理できて欲しい。コピーすると必ずどっか変になるんだよ。ずれたり、大きさ変わったり。A型的にはあり得ない仕様。パワポのセンスの無さとお節介さに辟易する。

 かと言って、OpenOfficeのImpressも使いやすくないし。もう。自分のパワポ能力が低いだけなんだろうか。こんなものが世界標準であることに何より驚く。まぁ、文句言ってもこれ使うしかないんだから大人しく使ってろっつー話なんだろうが。

高尚。

 相変わらず英語の本読み漬け。MIMO漬け。

 MIMO(Multi Input Multi Output)っていうのは無線通信分野の技術で、「アンテナ1本じゃ送れるデータ量に限界があるってシャノンさんが言ってるから、もっといっぺんに送れるようにアンテナの本数を増やしちゃおう」ってことで、携帯とか無線LANとかの送受信に複数のアンテナを使って、送れるデータ量を増やしてやろうという技術。単純にアンテナ増やせば送れる量は倍々に増えていくだろうって話。まぁ、アイディア自体は単純なんだが、まぁ実際はそう簡単にはいかないと。色々。

 このMIMOに関して包括的にまとめた洋書を読んでるんだが、MIMO技術に関するほんの一部だけでも理解するのにもの凄い時間がかかる。自分の読んでる所だけを理解するにしても、関連した他の部分を補完しながら読み進めなくてはいけないわけで、実質浅く広く全部やらなくてはいけない。いくら皆で分担して読んでるとはいえ、本1冊を1ヶ月で何となくでも理解するのは相当無理がある。読み始めよりは話を聞いて何となく分かるようにはなってきたが、深い議論になるとフリーズしてしまう。

 ここからさらに研究出来るレベルまで頭を持っていく自信は全くない。もの凄く興味をそそられる分野ではあるんだけれども、そこに飛び込んでいく勇気はない。自分の研究分野に魅力を感じなくなるくらい魅力的な分野なんだが、自分の頭が通用するという自信がない。この分野でちゃんと通用する研究できたら、それは凄い自信になるはずだ。物理層の研究は通信のどの層の研究より高尚だと勝手に思う。多分、数学に近いからだろう。

 読めば読むほど、物理層の研究やってる人マジで凄ぇと思う。あり得ねぇ。どんな頭してんのか分からねぇ。今みたいに、スゲェ文献読んで貪欲に知識を吸収することを根気よく続けてれば、いつかは俺でも開眼するのかなぁ。やってみたいが、俺にはそんな勇気もない。一つ上でちまちまやってくしかねぇかぁ。

円木警枕。

 円木警枕とは、「勉強(学問)に一所懸命励むこと。苦学すること。」だそうです。

 まだ入学式も終わっておらず、厳密には学生でも何でもないわけですが、既に研究室の生活はスタートしていたりします。4月は英語の本読みが課せられていまして、それが担当になった部分の全訳を作成し、輪講時に15分以内で説明するというルールになっているもんですから、かなりシビアなスケジュールを強いられております。しかも、自分の分野ならまだしも、物理層のMIMOに関する本なもので、ちっとも分かりません。読んでる内に少しずつ薄ーく理解できてきたような気がしますが、突っ込んだ議論になると多分フリーズしてしまいます。何だか凄いことしてるな、というのは分かりますが。

 しかし、英語ばっかり読んでると日本語不足になって、反動で日本語の活字を貪りたくなります。毎日毎日、ひたすら英語を訳して寝る前に小説を読んで日本語補給するという生活が続いています。今週発表する分の全訳は終わりましたが、金曜の朝9時までにこれを説明出来るレベルまで理解して、要約しないといけません。全訳よりも理解、要約の作業の方が辛いのはある意味当然のことであります。しかも、今回は2セクション分、30ページ近い内容を15分×2で説明しないといけないので、軽い拷問です。サークルの新歓なんぞがありつつも合間を縫って進めないと取り返しがつかなくなります。ある程度、計画的に進めてはいるものの、どうしてもギリギリ感が拭えないのはどうしてでしょうかね。

 卒論終わってからというもの、共同研究の報告書やら学会の発表やらで何かちょこちょこやっていて、春休みがあったのかなかったのかよく分からないまま終わってしまったんですが、新年度、4月になっても未だに休まる事がないようです。本読みが終われば、シミュレーションと論文書きがここぞとばかりに待っています。やることが決まっているだけ、先の見えない不安に駆られていた昨年の10,11月よりはマシなんでしょうが。それでもやっぱり、ゆっくり本読んだり、映画見たりしたいものです。

 しかしまぁ、同学年はもう社会人になって一人で身を立てているわけですからね。学生なんだから、忙しさと言ってもたかが知れているはずです。忙しいっていうのは主観的な見方ですし。自分の忙しいっていうのは他の人から客観的に見たら、実は大したことないという可能性もかなりあります。とりあえず、まだ学生である以上、精一杯苦学して、合間を見てやりたいことをやろうと思います。

進捗。

 卒論。最近、全くやる気が出なかったんだが、やっと筆がもといキーボードが走るようになってきた。従来研究をどこまで深く掘り下げて書くもんか分からなかったが、もう考えるの辞めて出てきた単語を全部説明するくらいの勢いで書いてやることにした。考えて進まないより, 考えないで進んだ方がいい。

 しかし、やり始めればぶっ続けてやれるんだが、やり始めるまでが時間がかかるんだなぁ、いつも。明らかにドンキー・クッパタイプ。気づいたらもう締切2週間前だもんなぁ。どんどん進めないと後で厄介なことになる。来週中に目処付けるくらいで書き殴ろう。

 っていうか、何が面倒って図が面倒。文はどうでもいいんだけど。

実験。

 このクソ風強い中、ぶるぶる震えながら実験した結果が思わしくない。まぁ、そう上手く行かないよな。結局、年明けまで持ち越しか。とりあえずデータまとめよう。