Skip to content

あぁ、ダメだ。

 内々定を貰ったら逆に不安になってきた。

 どこに行きたいのか、何を目指してるのか。迷走し過ぎだろ、常識的に考えて。

 出版を目指してダメだったんだから、もう覚悟して割り切るしかない、と考えるべきなのか。かと言って、出版に受かるために最善を尽くしたのか?俺は?

進捗状況。

 S書店の最終面接を受けてきた。もう大分行き慣れた神保町。しかし、今日は4月になるというのにバカみたいに寒かった。さらに雨の追い打ちで大変。就活用のコートを持っていないので、スーツのみという薄着でガクガク震えながら移動。

 面接は社長以下役員8人と3人の集団面接。めちゃめちゃ多かった。変な圧迫感。でも、気さくな方が多かったので、雰囲気は重くなかった。基本的に聞かれたことは1次面接、2次面接と変わらず、言いたいことは言えた。しかし、読んでる新聞と気になるニュースがかなり適当な受け答えになってしまったので猛省。あれが致命傷にならなければいいけども。とりあえず後は結果を待つだけ。

 4/1ということで、メーカー系が軒並み採用活動を解禁するわけですが、初っ端から軒並みお祈りをくらったよ。PクさんとNTT Dタさん。さすがに大手に付け焼刃は通用しねぇな。志望動機が全く思い浮かばなくて、他社に出して通ったのを多少その会社に合うようにアレンジして出したんだが、明らかに具体性に欠けていた。思い浮かばなかった雰囲気がにじみ出ていたんだろう。さすがに人事の方々の目は確かだ。

 でも、あれかな。エイプリルフールだし、「嘘ぷー。面接に来てねー。」とかいう壮大なジョークだったりしねぇかな。

 しねぇよ。

 そもそも、PクさんとDタさんは説明会も行ってないし、事業内容もよく分かってないのに通るわけがないと言えばそれまで。DNPさんは説明会に行ったら凄く好印象で、仕事内容に具体的なイメージが持てて、その後でES書いたら通ったわけで。やっぱり具体的なイメージが持てないとダメなんだな。

 焦って無理に1次選考で出さないで、もう少し企業研究してから2次選考に出せば良かったかな、とはちょっと思う。でも仕方あるまい。これを教訓にするしかあるまい。他の選考頑張ろう。そろそろ第一志望、身の振り方も固めないとな、、、。

K書店筆記試験。

 新宿でK書店の筆記試験を受けてきた。

 雑学色が強かったS社の筆記試験と違って、K書店の筆記試験は純粋な一般常識、英語、国語の問題だった。どちらかというと新聞社の形式に近いんだろうか。とにかく難しい。付け焼刃の知識では全く歯が立たない趣。ほとんど勘。一般常識の数学の部分はさすがに解けたが。

 何が難しいって漢字が難しいのなんの。漢字は対策すればしただけ返ってくるから、ということで結構やっておいたんだが、読みの時点で全然歯が立たない。「論う」「普く」「恣にする」「炯炯と輝く」などなど、分かりそうで分からない読みが盛り沢山。

 漢字に限らず、一般常識もとても消去法が出来るレベルじゃない。選択肢全てに対して自信が持てないので、まさに勘の連続。惨憺たる出来だ。しかし、対策していれば出来るというレベルじゃないと思うんだが、あれは、、、。

 試験時間2時間で全160問だったんだが、とてもじゃないが時間が足りない。「出来た」と思っている人は多分いないだろう。うん。そう思い込もう。そんなヤツがいたら変態だ。とにかくみんな出来てないはずなので、後はもう運だな。

 来週もES提出、筆記、面接が目白押し。結果を待ちつつ、そっちに注力しなくてはならん。しかし、全く先が見えない。推薦出してしまうか、もう、、、。

ハード。

 この2日間が異常に忙しかった。土日月と休んでおいたおかげで、どうにかこうにか乗り切れたが、疲労感がスゲェ。体力ねぇなぁ。

*3/25(火)
 6:30 起床
 6:30-7:30 風呂&支度
 8:00-9:20 移動(西千葉-渋谷)
 10:00-11:20 MFGD
 11:35 S書店通過通知
 12:00-12:20 移動(渋谷-日吉)
 12:30-14:30 姉貴の家で昼飯&Canon適性検査送信
 14:40-15:30 移動(日吉-市ヶ谷)
 16:00-19:00 DNP機電情フォーラム
 19:30-20:30 移動(市ヶ谷-西千葉)
 21:00- DNPES推敲等
 2:00 就寝

*3/26(水)
 6:30 起床
 6:30-7:20 風呂&支度
 7:30-7:50 資料印刷
 8:00-8:40 電車移動(西千葉-錦糸町)
 9:00-11:30 アンサンブル練@すみだトリフォニーホール練習室
 11:30-14:00 移動(錦糸町-YRP野比)
 14:00-16:00 NTT DoCoMo打ち合わせ
 16:00-18:30 移動(YRP野比-津田沼)
 19:00-21:00 先輩と飲む(沖縄料理屋はいさい)
 21:30-21:50 移動(津田沼-西千葉)

 練習後に錦糸町からYRP野比まで移動するとき、人身事故で電車が遅れていたため、総武線快速で品川まで行って京急に乗るというルートを変更して、総武線各停で秋葉原に出て京浜東北で品川というルートにしたら、結局そっちも遅れていて、YRPセンターに付いたのが14:00。ただでさえ遅れていたので、途中でロッカーに楽器を預けようとしたものの、時間がなくて断念。ドコモに楽器を持って突入するという暴挙。

 電車の中はほとんど寝ていましたとさ。そりゃ寝るよ。明日の午前中は何もない。ゆっくり寝る。今日は早寝しよう。

進捗状況。

 B春秋の書類選考通った。今日、筆記試験の受験票が届いた。意外。入社志望書を締切ギリギリに書いたもんで、あんまり納得のいく出来じゃなかったんだが。何にしろ、縁が合ったんだから頑張ろう。

 とにかく頭っから拒否されてるわけじゃないんだから、どっか引っかかるように頑張りたい。S館、K社、S社に取らなかったことを後悔させてやる、、、と強気で行ければいいんですけどね。そういう性格ではない。

 そう言えば、B春秋通った時のために、3月の頭から週刊B春を読み始めたんだが、意外と面白い。政治の裏とか芸能話とかはただ読んでるだけという感じなんだが、それ以外のエッセイが面白い。劇団ひとり、宮藤官九郎、プロ棋士の先崎学、北尾トロ、林真理子、大宮エリーと面子もかなり魅力的。それだけで読む価値がある。後何より嬉しいのは、池澤夏樹が書評を書いていること。月1くらいだが。ファンとしては購読する理由として十分過ぎるぐらいだ。

 比較のために週刊S潮も読んでみたんだが、あっちは何となく肌に合わなかった。最初にB春から入ったからなのか何なのか。とにかく筆記までにB春秋の色をもうちょっと感じようと思う。

失敗。

 S社の一次面接に行ってきた。緊張して大失敗した。今振り返ってみても、ロジカルじゃない受け答えばっかり。もうイヤになる。

 当事者じゃないから偉そうなこと言えないとか、気取った発言は出来ないとか、そんなこと言ってる場合じゃないのに。もっと貪欲にハッタリかませばいいのに。変に考えすぎて逆に気取ってるようになってるじゃねぇか。どうしようもねぇ。

 でも、失敗したことをいつまでも引きずってもしょうがない。後悔を糧にしなきゃ。切り替えなきゃ。切り替えなきゃ、、、。

自問自答。

 やればやったで、周りからは何してんの?と思われる。やらなければ当然そんなことは言われないのだが、その選択肢を選ぶと自分で自分に何してんの?と思うことになるのも分かっている。

 自分でも普段から考えている諸々のことを、他人から改めて当然のことのように言われると、少しずつ緩和されていた不安、手に負えない感覚がまた目の前に迫ってくる。そうやって原点に戻って考え直し、下克上に似た精神を常に持っておくことも大切なのだろうが、戻された瞬間は無駄に「本当にこれでいいのか」と考えて過ぎてしまう。これには存外労力がいる。

 周りの人から見たら凄く滑稽な事をしているのは分かっているのだが、周りの目を怖がってやらないというのも自分の目には滑稽に映ると思う。自分の行動を、周りと違うことして気を紛らわすような、アイデンティティの見出し所を間違っているような行動に感じることもあるが、一度思い込んで踏み出した道をそう簡単に否定もできない。後戻りするにも日が経ち過ぎている。

 これで結果が実らなくても後悔はしたくない。周りの人に「やっぱりダメだっただろう、そんなの当たり前だろう」と言われても、「自分はやるだけやって今ここにいる」と言える行動をしていたいと思うのだが、そんな理想論で片付けられたら世話ないというのも感じる。

 答えのない自問自答の日々は続く。が、これはこれで面白いのかもしれない。