Skip to content

夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女
夜は短し歩けよ乙女
posted with amazlet on 07.12.27
森見 登美彦
角川書店 (2006/11/29)
売り上げランキング: 9841

 発売したのは昨年の11月。山本周五郎賞、本屋大賞2位、ダ・ヴィンチのブックオブザイヤー等々、数々の賞やレビューで話題になっていたわけですが、今さらながらに読了。いやはや抜群に面白い。さすがに話題になっているだけありますね。

 恋愛とか片想いとかいう使い古されたテーマから、これだけ破天荒な物語が紡げるっていうのは本当に凄い。死とか病気とか、泣き要素の多い恋愛小説が溢れている昨今において、これほど阿呆で滑稽で、けれども可愛くて憧れてしまう純粋な恋愛小説は珍しい。

 2人の登場人物からの視点を基本としたテンポの良い語り口に、各章ごとの全く予想だにしない展開。全体としてそこはかとなく明るく、馬鹿っぽく、だからこそ爽やかな読了感。最後にはしっかりと着地させるオチもあり、一つの作品としてしっかり完結している。まさしく映画のよう。読んでいると、映像が目の前に浮かんでくるようです。

 中身とは関係ないけども、装丁もかなり良い。アジカンのジャケットとかで有名な中村佑介氏のデザインですが、作品の雰囲気を良く醸し出しつつ、一見さんの目に止まって手に取ってもらえるような良いデザイン。良い作品になるかならないかというのは、当然作品の良し悪しがほぼ9割を占めるのだろうと思うけれども、中身だけ良ければ完璧というのはおそらく間違いで、本当に良い作品というのは中身、タイトル、装丁、編集者、読者、タイミングなどなど、色んなものに恵まれているのかもしれません。

 しかし、読んだ後にこんなに幸せになる本はなかなかありません。こういう本を読むと、読書欲がふつふつと沸いてきますね。

Coyote No.14

コヨーテ―Magazine for new travelers (No.14(2006November))
Coyote―No.14(2006November)
posted with amazlet on 06.10.23

スイッチ・パブリッシング


 池澤夏樹特集で即買い。池澤夏樹特集だからと言って、単に他人が池澤夏樹に関してまとめた感じではありません。あくまで本人を中心として構成されていて、むしろ本人が書いてる文の比率が多いくらい。エッセイも載っていて、作家・池澤夏樹の考えや近況が一気に分かる(気になる)本。

 インタビューでは沖縄、フォンテーヌブローと移住を繰り返す理由を語っています。なるほどな、とうなづくばかり。今年7月に石川県で行われた講演会の内容をまとめた"若い日本、老いたヨーロッパ?"も興味深い。相変わらず美しい楽しいエッセイも載っています。これで1000円は安い。まだ全部読んでいませんが、毎日少しずつ読むのが楽しみです。

マリコ/マリキータ

マリコ/マリキータ
マリコ/マリキータ
posted with amazlet on 06.05.30
池澤 夏樹
角川書店 (2006/05/25)


 池澤夏樹の短篇集が文庫化。読むたびに思いますが、池澤夏樹の短編はホントキレイ。そして、一つ一つの完成度が高いです。今回も期待。

 今日、後輩の代わりにバイトに入ったんですが、久しぶりに良いメンバーと一緒でした。一緒に働く人間によって、こんなに疲れ具合が違うもんか、とビックリしました。周りに気を取られなくて良いとかなり助かります。他の人が嫌いってワケではないんですが、人間的な好き嫌いと仕事の善し悪しは別です。何かと気を取られる人と一緒にバイトに入った後、どっと疲れるのは事実です。自分の最低限のレベルを上げようと頑張れる人と、最低限のまま留まっている人の違い、というんでしょうか。最低限のまま留まっている人というのは、大抵、最低限のことさえもできない。基準が低いままなわけですから、万が一ミスをした場合、それよりもクオリティが下がるわけです。最低限のレベルの底上げをしている人が何かミスをしても、相対的に見て仕事のクオリティが高いのは明白です。

 そういう人間ばかりじゃないのは分かっているんですが、同じ給料貰っているのに、周りに迷惑をかけることを何とも思わない無神経っぷりに疑問を感じます。でも、よくよく考えてみれば、後輩や周りの人間のレベルは、先輩としての自分の責任でもあります。文句言うより、解決策を見いだす方が生産的、と思いつつ、半年以上が経とうとしています。

サマー/タイム/トラベラー

サマー/タイム/トラベラー (1)
新城 カズマ 鶴田 謙二
早川書房 (2005/06/16)
売り上げランキング: 5,378


サマー/タイム/トラベラー (2)
新城 カズマ
早川書房 (2005/07/21)


 以前に買って読んでいなかったヤツを読了。表紙が鶴田謙二ってだけで買った本ですが、普通に面白かった。
"サマー/タイム/トラベラー" の続きを読む...

非・バランス

非・バランス
非・バランス
posted with amazlet on 06.05.16
魚住 直子
講談社 (2006/05/16)


 ちょっと前に、深夜に映画でやっていたのを見た記憶があったので購入。小日向文世の演技が妙に印象に残っています。講談社児童文学新人賞を獲っているんですね。だからね、児童文学って結構好きなんですよ。自分。
"非・バランス" の続きを読む...