Skip to content

12月分。

★超おすすめ
●おすすめ

★星屑ニーナ(1) / 福島聡
放浪息子(11) / 志村貴子
●宇宙兄弟(12) / 小山宙哉
ハチワンダイバー(18) / 柴田ヨクサル
午前3時の危険地帯(2) / ねむようこ
日本の兄弟 / 松本大洋
第七女子会彷徨(3) / つばな
●HER / ヤマシタトモコ
秒速5センチメートル(1) / 原作:新海誠 漫画:清家雪子
ポジティブ先生 石黒正数短編集2 / 石黒正数
ちはやふる(7) / 末次由紀
ビューテイフルピープル・ビューティフルワールド / 坂井恵理
ケッチン(5) / きらたかし
あねおと(3) / 元町夏央
水面座高校文化祭(2) / 釣巻和
★乱と灰色の世界(2) / 入江亜季
イエスタデイをうたって(7) / 冬目景
●誰にも言えない / シギサワカヤ
MOONLIGHT MILE(21) / 太田垣康男
君と僕(9) / 堀田きいち

ビッグコミックスピリッツ No.1-3・4
モーニング・ツー No.41
月刊スピリッツ 11年2月号
アオハル 第0号
girls jump 第1号

 12月は年末攻勢で多め。

 今月はなんと言ってももうフェローズ組ですよ。何なんだよ、このクオリティは。「ききみみ図鑑」といい、「乙嫁語り」といい、最近エンターブレインが投げ込んでくる球がボール球だった試しがない。自分からストライクを選んでるという話もあるが。

 「乱と灰色の世界」は入江亜季のおよそ1年振りの新刊なので言わずもがな。2巻は比較的ストーリィが連載向けで、話のヤマというかグッとくる読ませどころが少ないように感じたが、逆にそれで引き立っていたのが各登場人物の魅力。今回の作品は連載として長く続けられることで、登場人物のバックボーンを色々な視点から描けるというところが、今までの入江亜季作品とは違った魅力になってくるのかもしれない。しかし、入江亜季を読むと、どうしても「群青学舎」の4巻が読み返したくなって、読み返すと大好きな2つの台詞にやられて泣きそうになる。「乱と灰色の世界」でもあの感覚が味わえることを期待したい。

 それから「星屑ニーナ」もいい。前作「機動旅団八福神」を途中でリタイアしてしまって、福島聡からしばらく離れてしまっていたが、この作品はすごく好み。表紙を見れば「女子高生効果だろ、、、」とすぐ察しが付くと思うが、実際はそれをきっかけにして作品の世界に入っていくと相当ダメージをくらう。この作品も"人との関わり"と"時間"がキーになっていて、そこが個人的に琴線に触れた。1巻は少しあっさりと時間を進めすぎている感じも受けたが、あえてやっているのかもしれないとも思える。このあっさり感がどう効いてくるか、今後の展開によって変わりそう。余談だが、1巻を読んで何となく「百万回生きたねこ」を思い出した。

 あと言及しておきたいのは「HER」。このマンガがすごい!2011のオンナ編1位ということで購入。タイトル通り"女"をテーマにした短編集だが、各話で登場人物が少しずつ繋がっているというオムニバス作品。読み終わって「めんどくせええええ!」って思ってしまった時点で、この作品の勝ちなんだと思う。マンガとしてどうかと言われると首を傾げざるをえないが、とにかく心理描写がよくできてる。台詞とモノローグの絶妙な配置。無駄なく漏れなく共感を誘い、読者の「めんどくせええええ!」を引き出す。それがこの作品の一番の力だ。とにかく、CASE.6の最後のモノローグにテーマが全て詰まってる。

 その他、「誰にも言えない」は雑誌で読んでいたので目新しさはなかったが、このシギサワールドは何回読んでもとても不快。いい意味で。「宇宙兄弟」はネクタイのくだりにやられた。

 最後に一つ。以前、月刊スピリッツ2010年9月号に読切で掲載された「たべるダケ」が2011年2月号から連載化。読切がすごく鮮烈な印象だったので、あの勢いをどこまで維持してくれるか今後が楽しみ。読切で載った「たべるダケ」が下記のページで読めますので、伊藤くんどうぞ。

http://shincomi.shogakukan.co.jp/happyo/66/bumon4.html

 随分と長くなってしまいました。今年も残り2日とちょっと。年内に総括やる!

11月分。

★超おすすめ
●おすすめ

★よつばと!(10) / あずまきよひこ
●3月のライオン(5) / 羽海野チカ
あたらしい朝(2) / 黒田硫黄
SatoShio(1) / 衿沢世衣子
●友達100人できるかな(4) / とよ田みのる
★ききみみ図鑑 / 宮田紘次
本屋の森のあかり(8) / 磯谷友紀
マイガール(5) / 佐原ミズ

ビッグコミックスピリッツ No.48-52
モーニング・ツー No.40
月刊スピリッツ 11年1月号
●楽園 -Le Paradis- Tome 4

 12月も11日になってしまいました。宝島社の「このマンガがすごい!2011」もダ・ヴィンチの「ブック・オブ・ザ・イヤー」も発売になって、今年ももう終わりなのだなぁと実感する次第です。

 で、今さら11月分。今月はちょっと印多めですが、3つだけ。

 まずは「よつばと!」の父ちゃんがとにかく沁みました。あんな風に子供に何かを伝えることができる親になりたい。そして、遊ぶ時は全力で遊ぶんだ。感動したので、私は日めくりカレンダーを買います。

 「ききみみ図鑑」は、第2話と第5話が特に好きです。短いストーリィの中で、時間の経過をしっかり表現してる話はとても好きです。群青学舎の七色シリーズ然り。しかし、「またこういう作家をビームは、、、」と感心してしまいました。

 「3月のライオン」については、羽海野節が辛い年齢になってきたということもあり、惰性で読んでいる部分があったんですが、5巻は比較的良かったです。何かというと、人との繋がりですよね。帰る場所がある。また立ち向かうために、力をもらう場所が。46話ラストの島田さんの背中に涙が出ます。

 11月も良いものを読ませてもらいました。漫画やアニメは色んな解釈ができて本当に面白いですね。

 今年も残り20日余り。年内中に2010年の総括をできるように頑張りたいです。

10月分。

★超おすすめ
●おすすめ

ノノノノ(12) / 岡本倫
このたびは / えすとえむ
砂漠を泳ぐ、眠る / やまがたさとみ
ちはやふる(4)(5)(6) / 末次由紀
夜桜四重奏(9) / ヤスダスズヒト
バクマン。(10) / 原作・大場つぐみ 作画・小畑健
●さらい屋五葉(8) / オノ・ナツメ

ビッグコミックスピリッツ No.44 No.45 No.46 No.47
モーニング・ツー No.39
月刊スピリッツ 10年12月号
楽園 -Le Paradis- Tome 4

 10月は少なめ。「さらい屋五葉」の終わり方がキレイだったのを除いて、特筆すべきものはなし。誤解を招くといけないので言っておくと、決して面白くないというわけではない。通常時の面白さに比べて、突出した部分があるかどうかの話。

 「夜桜四重奏」の9巻はDVD付きを買ったんだが、単行本1冊にODA1話収録で3750円は少し高い。でも、OPがUNISON SQUARE GARDEN、EDと音楽がSUEMITSU & THE SUEMITSUというタッグなので、どうにか許せるレベル。映像特典の『桜新町放送局』映像版が、ダッラダラグッダグダでクソ長くてキレそうになったが。まぁ文句垂れながらも、10巻もDVD付き予約したんだけど。

 今年も残り2ヶ月。そろそろ「このマンガがすごい!2011」に向けて、個人的な総括もしていかないといけない。

9月分。

★超おすすめ
●おすすめ

宇宙兄弟(11) / 小山宙哉
●かわいい悪魔 / 志村貴子
本屋さんに聞きました / 若狭たけし
君に届け(12) / 椎名軽穂
FRONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE(6) / STORY:太田垣康男 ART:C.H.LINE
flat(4) / 青桐ナツ
ハチワンダイバー(16)(17) / 柴田ヨクサル
CLOTH ROAD(9) / 漫画:okama 脚本:倉田英之
乙嫁語り(1)(2) / 森薫
桜蘭高校ホスト部(17) / 葉鳥ビスコ
●ちはやふる(1)(2)(3) / 末次由紀
ケッチン(4) / きらたかし

ビッグコミックスピリッツ No.40 No.41 No.42 No.43
モーニング・ツー No.38
月刊スピリッツ 10年11月号

 9月は「ちはやふる」「乙嫁語り」など、ちょっと新しい方面に手を出しつつ。

 「ちはやふる」は、漫画としてのストラクチャがしっかりしていて、読んでいて安心した。

 プロローグに1.5巻分を使って背景を固め、そこからかるたという競技の面白さ、男2人女1人の関係性、かるた部という舞台設定、5人チームとしてのキャラ配置と広げていく。隙がなさすぎる。2巻の途中から突然流れが良くなって、一気に読めた。配置してきたマテリアルが噛み合って上手く動き出したんだと思う。そして、3巻の続きがめちゃくちゃ気になる終わり方。漫画はこうでないと。

 「ちはやふる」の構成の周到さを見ると、少女漫画家の自力を感じる。型にはめた上で世界を広げていく難しさはあるし、時にはそれに負けてしまうこともあるのかもしれないが、ハマった時の爆発力はすごい。

 最近読んだ社交ダンスモノの「BUTTER!!!」も舞台設定とキャラ配置は似ていると思うんだが、「ちはやふる」に比べると、今の時点では多少隙があるように見える。ただ、それは少女漫画という枠がない分、自由度があるということで、それはそれで爆発の仕方が少し違うんだと思う。

 漫画ってのは色んな描き方があって、目新しいものだけが凄いわけではないということを改めて思いました。


 しかし、高校生になった太一と新の登場シーンはキラキラしすぎです。

8月分。

★超おすすめ
●おすすめ

鈴木先生(10) / 武富健治
あねおと(2) / 元町夏央
●ファムファタル 運命の女(3) / シギサワカヤ
●ウイちゃんがみえるもの / 衿沢世衣子
ポテン生活(4) / 木下晋也
オクターヴ(5) / 秋山はる
ムシブギョー(2) / 福田宏
堀田(4) / 山本直樹
パンドラ / ねむようこ
七夕委員---星に願いを篇 / 今日マチ子
●呼出し一 / 中村明日美子
BUTTER!!!(1) / ヤマシタトモコ
みかこさん(2) / 今日マチ子
バクマン。(9) / 原作・大場つぐみ 作画・小畑健

ビッグコミックスピリッツ No.35 No.36-37 No.38
モーニング・ツー No.37
月刊スピリッツ 10年10月号

 相変わらずシギサワカヤがとても良いですね。どろどろしすぎて澱んで腐り始めそうな人間関係を、どうにか濾過しようとして後ろ向きに奮闘する姿が痛々しくて、読んでいてとても不快です(良い意味で)。

 自分の中の暗い部分(モノローグ)を外に出さないように、全て自分のせいにして、弱みに付け込まれないように強いをフリをする。読者としては、そのモノローグが全て視覚的に見えるので、その内心と外面のギャップが本当に痛々しくて溜まらない。全く褒めているように聞こえないかもしれないが、不思議とこの鬱々とした感じが癖になる。

 あとがきに「半径1M、0Mあっての半径1M以上の話だ」って書いてあったが、まさにその通りで、半径1M以内のことがままならないのに、何でかいこと言っちゃってんの?と、そう言われている感じなんですよ、読むと。

 後、堀田が最終巻だったんだが、めちゃくちゃエロかった。レッドの反動だろうか。

 その他、呼出し一とウイちゃんがほのぼの読めてとても良いです。