Skip to content

8月分。

★超おすすめ
●おすすめ

友達100人できるかな(1) / とよ田みのる
●謎の彼女X(5) / 植芝理一
ポテン生活(2) / 木下晋也
オクターブ(3) / 秋山はる
ノノノノ(7) / 岡本倫
ハチワンダイバー(12) / 柴田ヨクサル
シンプル・ノット・ローファー / 衿沢世衣子
最強!都立あおい坂高校野球部(21) / 田中モトハル
のだめカンタービレ(22) / 二ノ宮知子
ストロボライト / 青山景
BAKUMAN(4) / 原作:大場つぐみ 漫画:小畑健

ビッグコミックスピリッツ No.36-37, No.38, No.39, No.40
モーニング・ツー No.25
月刊ビッグコミックスピリッツ 09年10月号

●宵山万華鏡 / 森見登美彦
●少女七竈と七人の可愛そうな大人 / 桜庭一樹
決算書 -ここが読めれば楽勝だ- / 梅田泰宏
人は「話し方」で9割変わる / 福田健
サンネンイチゴ / 笹生陽子
アルゼンチンババア / よしもとばなな

 先月は新刊多くてホクホクでした。夏期休暇明けの憂鬱も吹っ飛びました。

 しかし、やっぱりパンチのある作品に出会えない。「ノノノノ」、「ハチワンダイバー」、「のだめ」あたりの連載物はどれもいつも通り面白いんだが、どうしてもルーチンワーク感が出てきてしまって、面白くて当然という意識になってしまう。作品に出会った頃のインパクトが強すぎるのも考えものだと思った。そう考えると、もろにルーチンワーク漫画でちゃんと面白い「ポテン生活」は凄い。

 「友達100人できるかな」は、多分100人行かないまま終わると思う。というフラグを立てておいて、バッキバキにしてくれることを期待。久々に「FLIP-FLAP」を読み返してみたら、やっぱり面白いんだけど、初見の時より「凄い!」感が半減していた。そう考えると、G戦は凄いのかもしれない。それでもやっぱり「軽く打つんだ」は良いけども。全てに共通することだと思う。

 後は今回、「あおい坂」と「オクターブ」がダメだった。特に「あおい坂」の劣化が凄い。もう「タッチ」ばりに試合やらないで甲子園優勝した感じで終わればいいと思う。「オクターブ」も早く別れて、「別々の道を歩むけれど、この思い出は忘れない」パターンで終わればいいよ。

 月刊スピリッツが創刊したので、思わず買ってしまった。ぱっと見、意外に粒揃いで良いのではないかと思います。とりあえず継続してみようと思う。

 さて、今月は桜蘭、君に届け、宇宙兄弟、夜桜、鈴木先生と少なめ。何か他のものを物色したいところ。

 余談ですが、7月分でまだ読んでいないと言っていた「もやしもん(8)」、後回しにしていた僕がバカでした。泣きました。

トラックバック

トラックバックがありません

コメント

コメント表示形式 一覧 | スレッド

コメントがありません

コメントの追加

アスタリスクで囲んだマークテキストはボールド (*強調文字*)になり、下線は _下線_ になります。
標準的な感情表現、 :-) や ;-) といったものは画像に変換します。

ロボットからの自動的なコメントスパムを防ぐために、画像の下の入力ボックスに適切な文字列を入力してください。文字列が一致する場合のみ、コメントが送信されるでしょう。ブラウザーが Cookie をサポートし、受け入れることを確認してください。さもなければ、コメントを正確に確認することができません。
CAPTCHA